ケン ゴルフアカデミーは、名古屋市・岐阜県・三重県でマンツーマンの専属ゴルフレッスン・ラウンドレッスンを行っております。

headLeft

KEN GOLF ACADEMY ケン ゴルフアカデミー

090(8737)9393 ken-ukegawa1029@docomo.ne.jp info@ken-golfacademy.com

mail
  • トップ
  • 専属レッスン(室内)
  • 専属レッスン(練習場)
  • 1dayレッスン

KEN GOLF ACADEMY ケン ゴルフアカデミー 貴方の専属ティーチングプロとして完全サポートいたします!!

news contents blog 予約状況 webレッスン コラム プロフィール QandA

ケンゴルフアカデミーのfacebookページ

instagram

twitter

WEB SHOPPING native place brai golf TPmills
2010-11-17 :

№061 ◇ヘッドスピード◇

みなさんこんにちは。KEN GOLF ACADEMYの請川です。
前回のコラムでは、パッティングが決まらない石川を心配していましたが
さすが・・・パッティングがいい時の石川は無敵ですね!
3日目から追い上げて、最終日は逃げ切り。
まさに石川のトーナメントって感じでした。
色々スイングを改造しているみたいですが・・・
ほとんどが本人のイメージの中なので大きな動きの変化はないです。
クラウンズの58からちょっと悪い方に変化していましたが
あまりいじらないで今の状態を維持するようにしてもらいたいです。
残り数試合、金、藤田との賞金王争いが注目されますね!


さて今週は ”ヘッドスピード” をテーマにしてみましょう。
みなさんはご自身のヘッドスピードはご存知でしょうか?
ヘッドスピード=ドライバーを振った時のヘッドスピードです。
量販店で測定したことがある!という方・・・多いですよね!
また、持ち運びできる小さな簡易測定器もあるので
そういうもので練習場で自分で測定している・・・
そんな方もいるはずです。
しかし・・・その多くの測定器の数値(ヘッドスピード)は甘いんです。
特に量販店の測定器の数値は甘く、正確な測定器に比べると
平均3~5m/S早く表示されやすいんです。
だから、多くの方は実際のヘッドスピードに合ったクラブ選びが
できていないことが多いのです。
とはいえ・・・各メーカーのシャフト表示はメーカー独自のもので
同じメーカーでも、シャフトの種類が違うと同じ R 表示でも
硬さが違ったりします。
バカ売れしたあるメーカーのドライバーのシャフトは、実際には
一般的な表示より非常に ”柔らかい” んです。
多くのゴルファーは、R より SR 、SR より S と・・・
硬いシャフトを選びたいもんですよね(^^;)
その心理を上手くついたところがヒットしたん要因なんです。


ほとんどのゴルファーは、今よりもヘッドスピードを上げたい!
と思っていますよね。
どうしたらヘッドスピードが上がるの???
という質問をよく受けます。
スピードを上げて、ボールをより遠くへ飛ばしたいからですよね(^^;)
技術的には
・グリップ
・バックスイング
・腕振り
多くの方は、グリップを○○○○過ぎているので、かえってスピードが
落ちています。
バックスイングでは、○ッ○○○が重要なポイントです。
その動きをダウンスイングからの腕振りで○○○○ー○する。
この3つを私のレッスンではチェックします。
この3つがクリアされている方は、正直なところヘッドスピードを
アップさせるのは難しいです。
それでもアップさせたい方は、クラブを変える方法があります。
・振れる範囲でシャフトを長くする
・クラブを軽くする
一番好ましいのは
・自分のスイングに合ったシャフトにする
これで2~3m/S、中には5m/Sくらい上がる方もいます。
シャフトには色々な特性があります。
その特性と自分のスイングが合えばヘッドスピードは上がります。


筋トレでスピードアップ! とお考えの方・・・
それは好ましくないです。
プロのように毎日クラブを振って、正しいトレーニングをしていれば
効果がある場合もありますが・・・


300ヤードも一打ですが・・・1cmも一打!
飛距離アップよりもスコアアップの練習をしましょう!

ではまた次回をお楽しみにぃ~!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Secret

pagetop

ケン ゴルフアカデミー

090(8737)9393

携帯からは ken-ukegawa1029@docomo.ne.jp

PCからは info@ken-golfacademy.com